読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株・FX・不動産・投資信託、そしてせどり

私はこれまで様々な投資をしてきました、FXで700万の損失を抱えていた私が継続、安定して稼げたのがせどりです。やり方を間違えなければ必ず結果は出ます。挑戦し続けることで人生が変わっていく感動をあなたも味わいませんか?

村川がサラリーマンを続けながら副業をどのように実施しているのか、メルマガ登録していただいた方限定の情報をお届けします。気になる方はこちらからどうぞ!

村川の愛読雑誌とは?

f:id:yatsume-9968:20170223230307j:plain

株・FX・不動産・投資信託せどらー 村川です。

 

私はプレジデントという雑誌を定期講読しています。

上記のような雑誌ですね。

元々は営業の仕事をしているときにいろんな知識を得たいということで本屋でよく読んでました。

しかし、毎度本屋で立ち読みをするのも疲れます。

買うとしてもちょっとお金がもったいない・・・。

そこで、定期講読をすれば1冊の値段がかなり安く読めるということがわかりました。


1冊の定価は690円です。

これが、3年だと72冊になりますが、なんと3年定期購読にすると28,500円なんですね。

定価は49,680円なので、1冊395円、ほとんど半額で読める計算になります。

また、たまにアンケートを実施しており、回答するだけでクオカードやプレジデント社が出版している本が頂けたりします。

それが今までの話です。


皆さんご存じの通り、私は去年からAmazonせどりを始めました。Amazonでは雑誌も売れますね。

そう、読み終わったプレジデントもAmazonでよく売れていきます。

しかもこの手の雑誌はサラリーマンにとても人気です。

発売から1ヶ月以内であれば、中古でも300円を下ることはあまりありません。

損益分岐点を計算してみましょう。

1冊395円で購入したプレジデントを426円で売る場合、

入金は426+257(送料)=683円

かかった費用は395+164(送料)+124(手数料)=683円

 

さすがに426円で売れることはあまりないと思いますが、それでも300円で売れたら実質缶コーヒー1本くらいの値段で読むことができそうです。なんだかケチな話ですが(笑)。

 

実はこの定期購読を始めたのはちょうど3年前の1月で、先日更新の案内がきてました。

 

また3年更新しようと思います。

 

Amazonせどりを始めたメリットがこんなところでも発揮されるとは・・・Amazonせどり恐るべしですね。

さらに雑誌中の記事の中にはブログで使えそうなネタも満載です。

一度で3度おいしい。素晴らしいです。

 

それでは失礼します。