読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株・FX・不動産・投資信託、そしてせどり

私はこれまで様々な投資をしてきました、FXで700万の損失を抱えていた私が継続、安定して稼げたのがせどりです。やり方を間違えなければ必ず結果は出ます。挑戦し続けることで人生が変わっていく感動をあなたも味わいませんか?

村川がサラリーマンを続けながら副業をどのように実施しているのか、メルマガ登録していただいた方限定の情報をお届けします。気になる方はこちらからどうぞ!

なぜFXで負けてしまうのか?

FX

株・FX・不動産・投資信託せどらー 村川です。

 

タイトルにもありますが、私はいろんな副業をしています。

FXもその中のひとつなんですね。
FXとは、「Foreign Exchange」日本語で言うと「外国為替証拠金取引」といいます。
難しいですね。簡単に説明します。
外国のお金を買ったり売ったりして、その時の値段の差で利益が出たり損失が出たりするのです。

始めたのは2008年、新入社員の年でした。

株で得た利益を何か他に投資しようと思っていたところ、FXの存在を知りました。

これは面白そうだと思い、まずは100万円つぎ込むことにしました。

当時は自動売買がまだ流行っていなかった頃でしたので、自分でチャートを見ながら次に値段が上がるか下がるかを想像して適当に売買してました。

しばらくはトントンの成績で推移していたのですが、こういうことをやっていると、必勝法があるのではないかと考えるわけです。

色んな方法を試してみるものの、買って売って、買って下がって買って売って、買いが増えて行くわけですね。見込み損失も膨らんでいくわけです。
当時のレバレッジは50倍、100万円あれば5000万円の取引ができてしまうのです。

そしてきたる2011年、見込み損失が膨らむ一方で利益も取っていって資産額は350万円を越えていました。取引額は1億円を越えていましたね。でも感覚は麻痺してました。350万円でレバレッジ50倍だから1.5億円以上の取引ができるから1億円はまだ余裕~なんて考えてました。
 
そんな浮かれ気分も一晩で終わりを告げます。
 
そう、忘れもしない、東日本大震災から6日後の2011年3月17日。
 
一晩で5円以上円高になるという、悪魔の夜が待ってました。
 
そのころ、ずっと円高基調になっており、日に日に損失は膨らんでいく一方。
 
でも、どこかで円安に変わるだろうと期待していました。
 
持ってるポジションも損切りしなければまだいけると過信していました。
 
そんな願いもむなしく、 その夜、あっさり証拠金が底をついて強制ロスカットされていました…。
 

f:id:yatsume-9968:20170228011919p:plain

上のエクセルはその日周辺の資産額を記録していたものです。
 
左から、日付、総資産、年間損益です。
 
3月中盤までで約90万円利益が出てることもすごいですが、356万円→4万円の落ちっぷりです。
 
一発で退場でしたね。
 
なぜこんなことになってしまったのか。
 
ヒントは「リスク管理」の大切さです。
 
FXは自分の資産額以上の金額でドルなどが売買できてしまいます。
利益は出やすくなりますが、損失も出やすくなります。
 
大事なのは負けないことです。
 
利益は小さくても負けない取引をしなければなりません。
 
そのことを強く実感させてもらった出来事でした。
 
今では自動売買が人気で私もやっています。
 
掛け金は少なく、リターンも小さいですがお小遣い程度は稼げています。
今後は掛け金を増やしてリスクは小さいままというのが理想です。
 
 
FXで一発当てようと安易な考えをしている人はこの記事を参考にしてくださいね。
 
それでは失礼します。
 

1日1ポチお願いします☆

人気ブログランキング