読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株・FX・不動産・投資信託、そしてせどり

私はこれまで様々な投資をしてきました、FXで700万の損失を抱えていた私が継続、安定して稼げたのがせどりです。やり方を間違えなければ必ず結果は出ます。挑戦し続けることで人生が変わっていく感動をあなたも味わいませんか?

村川がサラリーマンを続けながら副業をどのように実施しているのか、メルマガ登録していただいた方限定の情報をお届けします。気になる方はこちらからどうぞ!

初心者講座1.せどりとは何か?

初心者講座 せどり

f:id:yatsume-9968:20170309004204p:plain

 

・FX・不動産・投資信託せどらー 村川です。


このブログを見ていただいている方はほとんどの人がせどりという言葉をご存じかと思います。

今回はせどりを知らない人のための記事になります。

知ってるぜ~という方は読み飛ばしてくださいね。

 


せどりとは

せどりとは、「同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)」という…らしいです。

 

昔は本の背表紙を取って高値で売り抜けるという手法が取られていたことから「背取り」なんて言われ方もしていたそうです。


要するに安く買って高く売って、その差額の利益で生計を立てることでしょうか?

メーカー等であれば、部品を仕入れて加工して製品として販売する、そこに技術だったり手間だったりが必要ですね。

 

ところがせどりは、なにかを生み出す技術がなくても商売として成り立つということです。

 


〇時代は変わり

最近になってから人気の副業として、Amazonせどりという言葉が流行るようになりました。

別にAmazonにこだわる必要はないのですが、Amazonでお店を作ってそこに商品を置き、お客様に買っていただくシステムができたのです。

 
一般的に商品を売ろうとすると、土地を借りてお店を建てて電気・ガス・水道などのインフラを整備して、商品を仕入れてやっと販売できるぞと思ったら意外と人が集まらなくて集客したりそのためのスタッフさんの費用がかかったり広告を掲示するために莫大費用がかかったりするわけですね。

 

Amazonやヤフオク、メルカリ等ではそんなことをする必要がなく、ネットに商品の写真を載せて商品説明を書けば、それを見た人が欲しいと思ってくれたら買ってくれるのです。

特にAmazonはネット通販でぶっちぎりの売り上げを誇ります。売上が高いということはそれだけ人が集まっているということであり、それだけ商品が売れるチャンスがあるということです。

 

どうですか?

 

Amazonに出品すれば売れていくと思いませんか?

 

はい、売れていきます。

 

次回以降はもう少し詳しく説明をしていきます。

 

それでは失礼します。

 

ブログランキング参加しました。

よかったら1日1ポチお願いします☆

人気ブログランキング